代走のスペシャリスト 神の手スライディング 鈴木尚広が引退


この記事を書いた、スポーツ報知・巨人取材班の片岡優帆なる人物は男性らしい
なんとまぎらわしいんだ

【巨人】尚広引退…番記者が見た「睡眠わずか1時間でも5時に起床」

ナイターでもデーゲームでも、鈴木は健康のために毎朝5時に起きていた。以前、「何でそんなにストイックなんですか」と聞くと、首を横に振って即答した。「好きでやってるから。ストイックっていう言葉は違うと思うんだよね。仕事だし」。プロ意識の高さを痛感した。

 盗塁は走っても30メートル弱。そこで0・01秒でも速く走る努力に没頭した。「陸上のトラック競技と違って走塁は技術でカバーできる。そこが面白い」。38歳の今年、20メートル走のタイムが昨年より速くなり、ナインから「変人だ」と驚かれた。

 体調面では、状況によって断食、朝食は水だけ、昼食抜き、夕食後12時間は何も食べないなどを使い分け、独自の理論で鋼の肉体を築いた。「胃腸も休みが必要。人間が1日3食って誰が決めたの」。これってストイックと言うのでは…。

 こんな男も、たまには気分転換したくなる。あるナイターの試合後、焼き肉店に午前3時半まで滞在。酒は飲まないから、一緒に肉を食べ続けて野球の話をした。終電はなく、尚広さんの部屋に泊めさせてもらった。翌日は移動日。ゆっくり寝ると思いきや「5時に起きるぞ」。本当に1時間ほど寝て5時に起床し、シャワーを浴び始めた。引退しても不摂生な生活など想像できない。(巨人担当・片岡 優帆)


スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

勝った方がCSファイナルステージ進出


セ・リーグCSファーストステージ第3戦
負けたら今シーズンが終わる
が、内海は踏ん張れない、打線は2番山本、6番ギャレット、8番小林が悪いのでつながる気配なし
今は5回ウラだが、もう見てない^^
負けられない試合にこんなのがスタメンなの?
と感じてしまう層の薄さ
広島カープに25年ぶりの優勝をまんまと献上してしまう、苦しかった今年を象徴している
いつまでも阿部と村田で勝てると固執した原前監督のツケか
松井がメジャーに行ったあと、2003年から2006年まで優勝できなかったわけだが、
巨人の暗黒時代の到来を再び感じさせる試合


これ読みたい
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
1394位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
279位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
オンラインカウンタ
現在の閲覧者数:
Feedy
follow us in feedly
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

損切りしないFX(๑•̀ㅂ•́)و✧

好奇心とがーこちゃん

まりあ@るーむ

おっぱいが大きければ良しとしよう

のほほとブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アフィリエイト